iPhoneが水没!充電してはいけない!?

iPhoneが水没してしまった場合、充電はしてはいけない?電源は切った方が良いのか? - iPhoneが水没!充電してはいけない!?

iPhoneが水没!充電してはいけない!?

feteht
日常のちょっと不注意で壊してしていけないものを壊してしまう、そういった経験は、誰にでもあるものです。 
今、急速に普及しすっかり一般的になったiPhoneを水仕事の最中にうっかり水没させてしまった、でも水没させても意外と大丈夫そうに見えます。 
でも、そんな場合でも内部にはしっかりと水分が浸透しておりそのまま放置しておくと深刻な故障の原因になります。 
では、一体どのように対処すればいいのでしょうか。

水が故障の原因になる理由

携帯電話をはじめ精密機器全般に言えることですが、水没して故障する理由の大半は水が内部に入り込んだことによる過電流が原因となります。
内部に使われている素子などの精密部品は規格外の電流に弱く容易に故障してしまいます。 また、内部に入り込んだ水分は金属部品などの劣化を招くために水没してすぐに、対処を行い
表面的には問題がなく見えてもある日突然動かなくなるなどの現象を招きます。

iPhone水没時は電源を切る

実は、iPhoneが水没したばかりの状態ではお使いの機器はまだ故障した状態にはなっていません。 iPhoneが水没で故障する理由は、その大半が内部の精密な電子部品に水分が残ったまま動作することで、
発生する異常な過電流です。 水没したら、まず真っ先に電流を切ることでひとまずは内部のデータ消失等は防ぐことができます。 
使っているiPhonが水没した場合まずタオルなどで真っ先に水分をふき取るなどの行動に出がちですがまず真っ先に電源を切ると覚えておきましょう。 

水没した後やってはいけないこと

いそいでiPhoneの電源を切り何とか内部のデータは守れたとしても、そのままの状態で電源を入れたりすればまた、過電流が発生し故障してしまいます。 
その場合、何とか内部の水分を乾燥させて乾いた状態に戻さなくはなりませんが、その場合もいくつか決してやってはいけないことがあります。 
充電しない
iPhonは充電ケーブルにつないだだけで電源が入ってしまいます。この状態で内部に水分が残ったままだとたとえユーザーが操作していなくとも、メールの受信などで動作し、
回路がショートする原因になります。 

振って水分をだそうとしない

これをやると、まだ濡れていない部分にまで水分が移動し余計に深刻な故障を招く可能性があります。 

ドライヤーや電子レンジで加熱しない

ドライヤーや電子レンジで加熱し内部を乾燥させようとするのは一見いいアイデアに見えますが、iPhoneには通常の動作温度が規格されており、これを超えて加熱することは
内部の電子機器の故障を招きます。 

塩害はわずかでもアウトになります

海水になどに触れてしまうと、たとえ完全に乾燥したとしても内部に塩分が残りどんどん金属部品を腐食させていってしまいます。 塩害は海での水没以外でもプールなどは大量の塩素を含んだ水が使われています、
こういった場所で水没させてしまった場合専門の修理店に依頼するしかありません。 

自分の手で修理しようとせず専門店へ

dvsergthrs
一度水没した、携帯電話は一見普通に動作するように見えても、長期的には動作が不安定になり、故障する可能性が高まっていきます。 そういった事態にならないためにも、早めに専門店に修理の依頼を出すことが肝心です。 
内部データの消失を招いてしまうと復活はほぼ不可能になります。 水没した場合には基本的に分解修理が必要になりますので、一刻も早く専門家に診断させることが結局お財布にもやさしい結果をもたらしてくれるはずです。 
iPhone水没の修理はお任せ!
■http://mobilephoneprotector.jp/submergence

iPhone水没サイトおすすめ
Copyright(C)2016 iPhoneが水没!充電してはいけない!? All Rights Reserved.