海外で働きたいけどどこに相談すればいいの?

rshtrs
海外で働くということが一般的な選択肢になりつつある現代、日本においても英語の重要性は増すばかりです。しかし、海外で働くためには英語が必要だということはとりあえずわかっているものの、他に何をすればよいのかはいまいちわからないという人も多いのではないでしょうか。海外就職のために必要なことをまとめてみました。

まずは窓口を知ろう!

海外で働くことを考えた時に、どうやって企業を探せばよいのかわからないという人はまず海外就職を紹介するサイトに登録することから始めましょう。日本でも就職活動の際には○○ナビといった就職サイトに登録してエントリーしますよね。同様にまずは情報収集をしなければなりません。具体的にはキャリアクロス、JACリクルートメントなどです。登録されている求人数も多いので、どのような仕事が募集されているかを確認してみましょう。仕事のイメージを持つことができるはずです。また、ワーキングホリデーなどの制度を利用して学びながら仕事をしたいと考えている場合は、ワークアジアなどのワーキングプログラムを実施しているサイトに登録してみると良いでしょう。どのような仕事をして何を学びたいのかを相談することで、仕事と学びのスケジュールをあらかじめ決めてもらうことができるので、目標に向けて有意義な時間を過ごすことができます。

海外でも通用する英語力とは?

日本で英語といえばTOEICが一般的になりつつあります。海外でも通用する資格と思われがちなTOEICですが、これはあくまでも日本で通用する資格だと考えた方が良さそうです。海外ではTOEICよりもケンブリッジ英語検定やビジネス英語に特化したBULATSの方がEUを中心に広く普及しているメジャーな資格と言えるのです。日本国内企業の就職に関して言えばTOEICで十分ですが、海外で働くことをメインに考えるのであれば取るべき資格はやはり海外で通用するBULATSやケンブリッジ英語検定がおすすめです。

英語以外に必要なものはある?

fewfe
英語はコミュニケーションツールとして非常に大切ですが、仕事をする上で大切なことは「行動力」です。英語が理解できるだけでは仕事はできません。自分の考えていることを伝えようとする姿勢、多くの人を巻き込む行動力が大切になってきます。海外という土地は知り合いは少なく頼れる人が身近にいるわけではありません。だからこそ仕事でも生活でも自分から行動を起こさなければうまく回っていかないのです。

学生の間に準備できること

海外就職をする前に、日本で準備できることもあります。それはアウトプットの能力を高めることです。日本人は昔からインプット中心の勉強、いわゆる暗記型の学習をしてきました。しかし、これは海外においては全く通用しません。覚えることよりも使うことが大切で、出来るだけ覚えるよりも覚えたものは少しでも、それで表現をすることを優先に学んでいく必要があるのです。英語も単語や文法を学ぶのではなく、会話を中心に練習していくよう心がけましょう。また、自分の意見を臆さずに相手に伝えられるようになるためにディベートなどで発言力を鍛えるのも良いでしょう。

働くということは基本的に日本でも海外でも同じ

海外で働いているというとなんだかすごい人のように感じますが、基本的に仕事をするということは海外でも日本でも変わりません。必要なのは自ら行動すること。仕事ができる人間というのは総じて行動力のある人間なのです。

更新情報